業務パートナー(以下「乙」という。)と株式会社ザイナス(以下「甲」という。)とは,甲が乙に対して委託する業務に関して,次のとおりザイナス業務パートナーシップ業務契約(以下「本契約」という。)を締結する。

第1条(契約の目的)
本契約は,甲乙間において締結される業務委託に関する基本的事項を定めるものであり,甲乙間にて取り交わされる全て業務委託個別契約(以下「個別契約」という。)に適用される。

第2条(個別契約の成立)
1 個別契約は,委託業務の内容・委託料その他の条件を明記した文書を取り交わすことによって成立する。
2 本文において文書とは該当する内容の電子メール・電子メッセージ等の簡易な方式を用いて取り交わすものを含む。
3 個別契約は,甲の注文書またはそれに該当する内容のメール・メッセージ等に基づき乙が提出する注文請書に該当する内容のメール・メッセージ等を甲が受領したときに成立する。
3 個別契約の効力は,本契約に優先する。

第3条(乙の提供する役務)
乙は,甲に対し,別紙一覧表記載の業務の中から個別契約の目的として締結した事項,および甲乙間において特に合意した業務について,役務を提供する。

第4条(期 限)
1 甲乙間の個別契約が報告書の提出を内容とするとき、または報告書を要する場合は,乙は,個別契約に定める期限までに目的物を提供する。

第5条(委託料)
1 甲は,乙に対し,翌月末日(休日の場合は直前の銀行営業日)限り,当月分の委託業務の対価として個別契約に定める金額(以下「委託料」という。)を乙に支払う。
2 委託料は甲がユーザーから受け取る金額に対して甲が定める金額とする。

第6条(条項の追加変更)
乙は本契約に基づく委託業務に関して、別途甲が規定し、ホームページ上に提示するザイナス業務パートナーシップ規約に従うものとし、甲は必要に応じて条項の追加および変更を行う事ができる。

第7条(営業秘密および個人情報)
甲と乙とは,委託業務遂行の過程において,相手方から営業秘密および個人情報の開示を受ける場合,別途これらの情報の管理について協議の上,その取扱いについて文書を作成するものとする。

第8条(権利義務の譲渡禁止)
甲および乙は,相手方の書面による事前の同意なしに,本契約および個別契約に基づく一切の権利・義務を,第三者に譲渡してはならない。

第9条(再委託)
乙は事前に甲が承認した場合に限り、乙の責任において,委託業務の全部または一部を第三者に行わせることができる。乙は再受託者の行為について,一切の責任を負う。

第10条(契約期間)
1 本契約の有効期間は,契約締結の日から1年間とする。
2 前項の期間満了の1ヶ月前までに,甲または乙による将来に向かっての解約の意思表示がない場合は,さらに1ヵ年延長されるものとし,その後も同様とする。
3 前項の定めにより本契約が効力を失う時点において存続している個別契約については,当該個別契約が終了するまで本契約の効力は存続する。

第11条(契約の解除)
当事者は,相手方について,支払停止に陥り,あるいは仮差押・競売の申請・破産・民事再生・会社整理もしくは会社更正の手続が開始し,公租公課の滞納処分を受けたとき,または手形交換所の取引停止処分を受けた時は,催告なしに本契約および個別契約を解約することができる。

第13条(専属的合意管轄裁判所)
本契約に関する紛争については福岡地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

高速プロトタイプ開発で

あなたのビジネスに革命を

ザイナスのPower Solutionを体験したい方はこちら

Contact