プロミスの融資申込は即日可能!ザイナス

30日間無利息で即日対応可能ならプロミスをご紹介!

プロミスをお選びの方はこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【個人的にはここがおすすめ!】

undefined undefined undefined
 詳細はこちら  詳細はこちら  詳細はこちら

急ぎで助かる!安心のおすすめカードローン

※当サイトおすすめランキング

プロミス


※限度額50万円以内なら収入証明不要

※1と②「最短即日融資も可能」⇒※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※①「審査結果最短30分」について⇒申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

話相手は女性のみ!プロミスレディース


※限度額50万円以内なら収入証明不要

プロミスからの融資はとっても簡単です。インターネットから簡単に行うことができます。

ザイナスがご紹介のプロミス申込ページより今すぐ融資WEB申込可能です。

急な出費や一時的に大きなお金が必要になったとき、頼りになるのがプロミスの融資です。

プロミス融資申込はネットで簡単!WEB申込が可能です。

自宅にいながらプロミス融資申込が可能です。

プロミス融資申込はWEBだけでなく、プロミス窓口や自動契約機などでも申込可能ですので、ご自分の都合に合った申込方法でプロミス申込を進めましょう!

プロミス融資申込はザイナスのこちらのページから簡単にアクセスできますよ

プロミスをお選びの方はこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【個人的にはここがおすすめ!】

undefined undefined undefined
 詳細はこちら  詳細はこちら  詳細はこちら

 

プロミス web完結 在籍確認は必要?

プロミスはとても親切でしかもプロミス web完結、即日融資!相談もしっかり乗ってくれます!

消費者金融キャッシングであれば、即日で今すぐにお金を借りることができます。
お金を借りる時に、どこから借りていますか。

親、友人、恋人にお金を借りる人もおりますが、借りるために相談や交渉をしなければならず、十分な時間がない、と困ってしまうこともあります。

給料の前借りをおこなう方法もありますが、会社にはお金が無くて前借りをしたい、なんて言いづらいものがあります。
日払いバイトをしたり、いらない物を売っていては時間が足りないし、金額も満足には稼げないものです。
そこで、おすすめしたいのが消費者金融の即日キャッシングです。

今すぐにお金が必要ならキャッシングを利用するべきなのです。融資速度ですが、最短で1時間程度となります。まずは、即日融資をおこなってくれる消費者金融を探します。

大手消費者金融でしたらほとんどが即日融資可能であり、素早い対応をしてくれます。
インターネット、店舗、自動契約機などから申し込みをおこないますが、郵送申し込みですと即日キャッシングが不可能となってしまうので気をつけてください。

消費者金融の営業時間内であれば、即日でお金を借り入れることが可能となります。
インターネット申し込みですと、銀行振込を介することとなるために、銀行が営業している時間内に申し込みをおこなうこととしましょう。

おすすめ消費者金融は、審査速度を売りにしていたり、即日融資可能と宣伝している業者です。

逆に、即日融資可能と記載していない金融機関ですと、今すぐには借り入れができませんので、サイトや広告のどこかに即日融資可能と記載している業者を利用します。

申し込みをしてから審査がおこなわれ、すぐにお金を融資してもらうことができるのです。
100万円や、200万円といった大口の借り入れとなると、信用の確認のために審査に時間がかかってしまいますが、大体50万円程度までであれば、即日融資が可能となります。

できれば少額を希望することで、審査に通過しやすくなるというコツがありますので、必要な分だけを希望するのがベストです。

即日融資が可能となるシステムの仕組みですが、申し込み直後にすぐにコンピューターと人の手により審査がおこなわれ、カードがその場で発行されたり、銀行振込などの通信方法によりすぐにお金を融資できるためです。
カードはATMで利用し、操作をすればその場でお金を受け取ることができます。

さらにいうとカードローンは、専用ATMでカードを使って借り入れを行いますが、最近ではカードなしでもカードローンの借り入れが可能となっています。

それが「Web完結」という方法で、Webサイトからカードローンの手続きが全て行える、便利でスピーディーな取引方法です。

しかし、気になるのが「Web完結は誰でも利用可能なのか?」という点と、「在籍確認は必要なのか」また「どのような方法で在籍確認が行われるのか」という点ではないでしょうか。
そこで今回は、大手消費者金融の「プロミスに」おけるWeb完結の条件と、在籍確認に関して詳しくご紹介していきます。

プロミスカードローンのweb完結とは?

プロミスのWeb完結は、カードローンの申し込みから借入れ、返済までを全てWebから行うことができる便利な取引サービスです。

最近では、どの消費者金融でもWeb完結取引を提供していますが、プロミスのWeb完結の特長は以下の通りです。

(1)カードローンなのにカード無し!

カードローンは、急にまとまったお金が必要な時に、手軽に利用できる便利な借り入れ方法ですが、利用する際にはカードローン専用ATMで手続きを行わないといけません。
また、カードを紛失してしまうと再発行しなければならず、手間と時間が掛かってしまいます。
その点、Web完結での取引では、カードローンでもカードを必要としないため、失くす配もありません。

(2)審査は最短30分で即日融資にも対応!

プロミスでは、申し込み後に審査を行いますが、スムーズに審査が行われると最短30分で完了します。そのため、審査が通れば即日融資も可能となります。

(3)スマートフォン・パソコン・ケータイから取引できる

インターネット環境が整っていれば、パソコンはもちろんスマートフォンやケータイからでも、借入れや返済が可能です。

(4)効率の悪い郵送物も無し!

契約の際に口座振替を指定することによって、郵送物による手続きも省くことができ、スピーディーな借入れができます。

(5)パート・アルバイト・派遣社員などでも借入れ可能!

プロミスのカードローンは、正社員だけでなく契約社員や派遣社員、パート・アルバイト、また主婦や学生でも、安定した収入を得られていれば契約することも十分に可能です。

(6)年会費・ATM手数料が0円!

プロミスのカードローンは、年会費やその他の諸費用は一切掛かりません。また、借入れや返済はプロミス専用ATMや三井住友銀行ATMで行えるほか、コンビニATMでも利用できます。
このうち、プロミス専用ATMと三井住友銀行ATMの利用では、手数料は一切掛かりません。

プロミスWeb完結申し込み時に必要なもの・条件とは?

Web完結での申し込みにおいては、一定の条件を満たし、また必要書類を準備しておきます。

(1)Web完結の申し込み条件:20歳~69歳までで、毎月安定した収入が得られている方です。(アルバイト・パート・学生でも可能です)

(2)準備する必要書類

本人確認書類:運転免許証、免許証を持っていない場合にはパスポートでも可能です。

免許証やパスポートのどちらも持っていない場合には、健康保険証とプラス1点本人確認ができる書類(住民票など)でも可能ですが、この場合はWeb完結ではなく店舗へ来店しなくてはいけません。(審査のみであれば、健康保険証だけでもWebから行えます)
外国の方は、本人確認書類に加えて在留カード、または特別永住者証明書が必要となります。
収入証明書類:希望する借入額が50万円を超える場合、またはプロミス以外でも借入れを行っており、その合計借入額が100万円を超える場合には、収入を証明する書類が必要となります。(該当しない方は必要ありません)

最も新しい源泉徴収票
最も新しい確定申告書
直近2か月の給与明細書と賞与明細書1年分

このうち、どれか1つを準備しますが、書類にマイナンバーが記載されている場合には、マイナンバー法に基づきその部分を隠して提出します。

Web完結での手続き方法について

Web完結での契約は、ステップ1.Webサイトから申し込み→ステップ2.審査→ステップ3.契約→ステップ4.借入れ、という流れで行います。このうち、ステップ1・ステップ3・ステップ4はWeb手続きとなります。

ここで、パソコンからの利用手順をご紹介します。

1.プロミス公式サイトアクセスし、右上にある「新規お申込み」ボタンをクリックして新規申込みページを開きます。

プロミスには話相手は受付が女性のみの新規申し込み窓口も用意されています。

2.「カンタン入力でお申込み」と「フル入力でお申込み」という2つのボタンが表示されるので、「フル入力でお申込み」をクリックします。

3.「お客さま情報入力」ページが開き、個人情報の入力フォームが表示されます。
内容は、本人情報(氏名・生年月日・性別・家族構成・子供の有無・電話番号・運転免許証交付の有無)、自宅情報(郵便番号・住所・住まいの種類)、勤務先情報(雇用形態・勤務先名・郵便番号・住所・電話番号・社員数・最終学歴・入社年月・税込年収・健康保険の種類・業種・職種など)です。

4.個人情報を入力すると、今度は契約方法を入力します。ここでは、「WEBでのご契約」を選択します。

5.現在の他社借入れ、今回のお借入れ希望額、メールアドレス、パスワード(審査結果の確認や契約手続きで必要)、審査結果の連絡方法、書面での受取方法などを入力します。なお、最後の書面での受取方法にて「プロミスのホームページにて書面を確認(WEB明細)」を選択すると、郵便物は送られてきません。

6.アンケートに答え、「同意して入力内容を確認」をクリックします。
7.内容を確認し、入力ミスがある場合は訂正しましょう。ここで、嘘の情報を入力せず、真実のままを入力しましょう。(嘘がバレてしまうと、審査を通ることは不可能に近いです)

Web完結でも在籍確認は必要?

プロミスでは、申し込み者本人が実際に仕事をしているかを確認するため、「お勤め確認(在籍確認)」を実施しています。つまり、プロミスのWeb完結での申し込みでも「在籍確認は必要」ということになります。

プロミスの在籍確認の仕方は、申し込み時に入力した勤務先に電話をかけて確認する方法です。

カードローンは便利ですが、借金をするわけですから家族や友人、同僚などには知られたくないものです。
プロミスのWeb完結の魅力としては、口座振替手続きを含む全ての手続きがWebで完了させることができ、更に契約書や案内書などの郵便物も送られないようにすることができる点にあります。

カードローンを利用する人の中には、他人に知られないようこっそりと利用したいと思っている人が多いです。そのため、在籍確認の有無を気にする人も多いのです。

在籍確認では、勤務先に連絡されることも心配ではありますが、一番気掛かりなのは「プロミスですが」と消費者金融名を告げられることです。

電話はいつ掛かってくるか分かりませんし、外出することが多いと本人が電話に出ることができないため、同僚に消費者金融を利用していることがバレてしまう可能性があります。

しかし、プロミスの在籍確認は、お客様のプライバシーに十分に配慮した方法をとっており、勤務先に電話をかける際には、「プロミスとは名乗らず、担当者の個人名」で「非通知設定」にて電話を掛けてくれます。ですので、たとえ同僚が電話をとったとしてもバレることはなく、安心です。
プロミスが実際に行う、在籍確認のやり取りの実例は以下の通りです。

(1)申し込み者本人が電話に出た場合

プロミス:「そちら○○〇株式会社でしょうか?私、△△(担当者名)と申しますが、営業課の□□さん(申込者名)をお願いいたします。」
申し込み者本人:「営業課の□□は私です。」
プロミス:「□□様でしょうか?私プロミスの△△と申しますが、ただいまお勤め確認をさせていただきました。ありがとうございました。」
と、このような流れで在籍確認が行われます。

(2)申し込み者本人が外出中の場合

プロミス:「そちら○○〇株式会社でしょうか?私、△△(担当者名)と申しますが、営業課の□□さん(申込者名)をお願いいたします。」
勤務先の同僚:「申し訳ございません、ただいま△△は席を外出しております。」
プロミス:「戻られるのは何時頃になるでしょうか?」
勤務先の同僚:「詳しい時間は未定となっております。」
プロミス:「承知いたしました、ありがとうございます。」
このような流れとなります。本人不在の場合であっても、電話のやり取りからの申し込み者がその勤務先に努めていることが分かるので、在籍確認は完了となります。

プロミスの在籍確認ではある程度の融通が利く!

プロミスには在籍確認はありますが、プライバシーには十分に気を使っています。その1つがプロミスと名乗らないことですが、その他にも「事前に電話を掛ける時間」や「担当者の性別」を指定できます。

例えば、「午後は取引先への営業があるので、会社にいる午前中に電話を掛けて欲しい」・「自分が女性なので、担当者も女性の方にして欲しい」などです。

こうした融通が利くと、在籍確認に不安を持つこともありません。

方法次第では電話での在籍確認は回避できる?
プロミスでは、申し込みの方法次第で「勤務先への在籍確認の電話を避ける」ことが可能です。

先ほど、Web完結の手順をご説明しましたが、その際Web完結では「フル入力でお申込み」を選択しました。在籍確認の電話を避けるためには、もう1つの申し込み方法である「カンタン入力でお申込み」を選択するのです。
この2つのボタンを見てみると、フル入力申込みの上には「Webですべてのお手続きが完了」と書かれており、カンタン入力申込みには「少ない入力項目で、あとは電話で確認」と書かれています。

カンタン入力申し込みでは、Webにて簡易申込みを行いうことで、あとで掛かってくるプロミスからの電話で本申込みを行っていくのです。

つまり、その電話にて「勤務先への在籍確認は電話以外で行いたい」旨を伝えましょう。こうすることで、比較的高い確率で電話による在籍確認を避けることが可能となります。

どうしても電話での在籍確認を避けたい場合には、カンタン入力申込みを行う前に「プロミスのコールセンターに相談」をしておくことが大切です。

というのも、相談をしても電話での確認を回避できない場合があるからです。

電話確認を回避できない例としては、「プロミス以外の数社からも借入れをしている」・「勤続年数が短い」・「信用情報に問題がある」などです。このような条件に当てはまる場合には、電話以外での在籍確認は難しいです。
このような場合には、プロミスの担当者に、在籍確認をする前に「携帯電話へ連絡を入れてもらう」ように相談してみましょう。確実と言い切れませんが、対応してくれる可能性はあります。

在籍確認を電話以外の方法で依頼しても、審査に不利になることないので安心してください。

 

 

あなたがカタチにしたいことを、いますぐ!プロミスは実現します!

プロミスとは?

ITコンサルティング
高速で御社のビジネスを理解し、課題の発見、ソリューションを提示いたします。

高速プロトタイプ開発
必要最低限の機能に絞って、使えるプロトタイプ(β版・MVP:必要最低限の機能を兼ね備えたプロダクト)を高速開発します。リリース後、プロトタイプに磨きをかけていくため、システムの修正や機能追加を高速で繰り返していきます。

人工知能アプリケーション開発
ディープラーニング等の人工知能オープンソースを活用した、ビジネス・アプリケーションを開発します。
ザイナスの開発ポリシー

ユーザー参加型 高速プロトタイプ開発
プロセス
1. コミュニケーション
まずは雑談レベルからでもOK。ヒアリングを通じて、御社のビジョンおよびビジネスを高速に理解、学習し、問題点・課題を浮き彫りにします。

2. 解決策の提示
課題を解決するためのICT施策をご提案いたします。将来までの大まかなフェーズを確認し、最低限の機能、費用からプロトタイプ(β版・MVP)を定義付けします。既に弊社の持っているプラットフォームを活用する場合、開発スピードもより早く、費用もずっと抑えることが可能です。

契約に当たり、弊社の開発ポリシーに理解、賛同していただく必要があります。

3. プロトタイプ開発
ユーザー(顧客)にプロジェクトチームの一員として参加いただき、プロトタイプ開発を遂行いたします。

仕様も随時変わっていくため、仕様書等のドキュメントは作成いたしません。またコミュニケーションにつきましては原則、オンライン上で行ってまいります。

4. フィードバック・改善
プロトタイプ(β版)リリース後、ユーザー・エンドユーザーに実際に利用していただきながら、フィードバックを基に、修正を繰り返します。プロトタイプから使えるプロダクトへ磨きをかけていきます。

5. 運用・機能追加
運用を行いながら、次のフェーズとして機能追加・改善を繰り返しながら、御社のビジョンにプロダクトを近づけてまいります。

今後、活用が期待されている人工知能について弊社は研究・開発を進めており、先々システムに組み込んでいくサービスも予定しております。

ザイナスの開発ポリシー

高速プロトタイプ開発で
あなたのビジネスに革命を
ザイナスのPower Solutionを体験したい方はこちら