Loading...
Home 2018-03-25T08:22:17+00:00

あなたがカタチにしたいことを、いますぐ。

ザイナスの開発ポリシー

News Topics

ユーザー参加型 高速プロトタイプ開発

プロセス

1. コミュニケーション

まずは雑談レベルからでもOK。ヒアリングを通じて、御社のビジョンおよびビジネスを高速に理解、学習し、問題点・課題を浮き彫りにします。

[/fusion_builder_column_inner]

2. 解決策の提示

課題を解決するためのICT施策をご提案いたします。将来までの大まかなフェーズを確認し、最低限の機能、費用からプロトタイプ(β版・MVP)を定義付けします。既に弊社の持っているプラットフォームを活用する場合、開発スピードもより早く、費用もずっと抑えることが可能です。

契約に当たり、弊社の開発ポリシーに理解、賛同していただく必要があります。

3. プロトタイプ開発

ユーザー(顧客)にプロジェクトチームの一員として参加いただき、プロトタイプ開発を遂行いたします。

仕様も随時変わっていくため、仕様書等のドキュメントは作成いたしません。またコミュニケーションにつきましては原則、オンライン上で行ってまいります。

4. フィードバック・改善

プロトタイプ(β版)リリース後、ユーザー・エンドユーザーに実際に利用していただきながら、フィードバックを基に、修正を繰り返します。プロトタイプから使えるプロダクトへ磨きをかけていきます。

5. 運用・機能追加

運用を行いながら、次のフェーズとして機能追加・改善を繰り返しながら、御社のビジョンにプロダクトを近づけてまいります。

今後、活用が期待されている人工知能について弊社は研究・開発を進めており、先々システムに組み込んでいくサービスも予定しております。

ザイナスの開発ポリシー

高速プロトタイプ開発で

あなたのビジネスに革命を

ザイナスのPower Solutionを体験したい方はこちら

Contact